日本ではまだ馴染みの薄いビットコイン。

こちらの記事を読んでいるということは、「ビットコインという名前は聞いたことがあっても、どういうものなのかよくわからない。」と思っているはずです。

そんなビットコイン初心者の、ビットコインとは一体何なのかという疑問を解消していきましょう。

ビットコイン(Bitcoin)とは


ビットコイン(Bitcoin)とは、ひとことでいうと「仮想通貨」です。

通貨と言ってもビットコインのマークが描かれたお札や硬貨があるわけではなく、インターネット上の世界でやり取りをすることができるお金のことを「仮想通貨」と言います。

円やドルなどの国が発行するお金と違って姿かたちがないため、初めてビットコインの話を聞いた人ほとんどの人が怪しいと思いますが、ビットコインの仕組みがわかってくるとその不安は消えてなくなります。

私自身ビットコインの知識がほとんど無い時は、ちゃんとした形の無いものに価値などあるはずない、絶対に怪しいと思ってましたが、本やインターネットで情報収集をしていく内にビットコインの本質を理解するまでに至り、ビットコインは怪しくなくてむしろ透明性があることがわかりました。

これからビットコインのことをちゃんと知りたいという人は、ビットコインに対する先入観を捨てることが、ビットコインの本質を理解するための一番の近道です。

電子マネーと仮想通貨の違い


ビットコインと聞くと、電子マネーをイメージする人が多いのではないでしょうか。

どちらも姿かたちが無く決済方法も似ているのですが、ビットコインは電子マネーではありません。

例えば、PASMOやSuicaに10000円をチャージすれば、コンビニや駅で10000円分の電子マネーを利用することができます。

ですがビットコインの場合、10000円分のビットコインを購入したら10000BTC(ビットコイン)がもらえるわけではありません。

日本円をドルやユーロなどに両替(外貨の購入)をするように、日本円をビットコインに両替をするので、ビットコインにはレートがあり価格は変動します。

この記事を書いている今もビットコインの価格は絶え間なく変動しているのですが、2017年5月4日10:37現在で1BTC(ビットコイン)の価格は171112円です。

ビットコインは誰が管理しているのか


ビットコイン最大の特徴は、中央銀行がないというところ。

どういうことなのかというと、ビットコインの発行や流通を管理している機関や組織が無いという事です。

これだけを聞くと、「管理している人がいないってことはビットコインて危ないんじゃないの」と感じる人が多いと思うので詳しく解説します。

まずは日本円やドルなどを取り扱っている銀行の仕組みから見てみましょう。

銀行口座のシステムは銀行が管理をしているので、銀行のインターネットバンキングなどを使って振込や残高照会をしたい時は、銀行のシステムを通さなければいけません。

銀行の管理システム

逆に、ビットコインは中央で管理しているサーバーが無く、端末間を相互に接続してデータが送受信されているのですが、この通信方式のことをP2P(ピアツーピア)と言います。

P2P(ピアツーピア)

もっと噛み砕いて説明すると、ビットコインは1人だけが主導権を握っているわけではなく、みんなで管理をしてみんなで監視をすることができるシステムになっているので、誰かが不正を行おうとしてもすぐにバレてしまいます。

特定の管理者がいないというのは決して悪いことではなく、ビットコインのように透明性のあるものにもなり得るのです。

ビットコインはコピーや偽造できない


ビットコインは実際に形がなくインターネット上にあるものだから、実際に紙幣や硬貨などの形のある日本円やドルよりも簡単に偽造、コピーができるんじゃない?と思う方がいるかもしれません。

結果から先に教えますが、ビットコインを偽造、コピーすることは不可能です。

前述した通り、ビットコインは1つのサーバー上で管理しているわけではなく、みんなでビットコインの送受信を管理しています。

今までの送受信した履歴は全て「ブロックチェーン」と言われる元帳に記録してあるので、ビットコインが初めて取引開始した2010年5月22日から現在に至るまでのビットコインの取引記録が全てブロックチェーンに残っています。

もしも誰かがビットコインをコピーしたり偽造しようとしてブロックチェーンにあるデータを書き換えようとした場合、どうなるのでしょうか。

実は、ビットコインの取引履歴を書き換えること自体はできます。

ですが、ブロックチェーンは全世界の誰でも管理することができるため、ビットコインの取引履歴は世界中に繋がっています。

1つの帳簿を書き換えたところで、数えきれないほど世界中に存在しているブロックチェーン(元帳)と照らし合わせると必ず矛盾が生じるため、書き換えた帳簿は間違った記述と判断され、世界中から無視をされてしまいます。

結局、1つだけ帳簿を書き換えても嘘だとすぐにバレて、書き換えたことが無かったことにされてしまうというわけです。

まとめ


ビットコインの仕組みを説明してきましたが、少しでも可能性を感じたならビットコイン投資をはじめましょう。

成功するものは、周りに流されず自分の考えを持ち、誰よりも行動力があります。

周りが怪しいと言っているから自分で何も考えず調べずにビットコインは怪しいんだと決めつける人は、人生で誰しもに訪れるチャンスやきっかけをつかみ取るどころか気づく事ができません。

今回はビットコインのほんの一部しか触れていませんが、ビットコインのことをもっと知りたい方、はじめてみたい方は8ビットボーイのLINE@にお問い合わせください。

8ビットボーイのLINE@は下の画像をタップするだけで、友達追加することができます。

パソコンから見てる方は、画像をクリックして表示されたQRコードをLINEから読み取ることで友達追加できます。