前回アルトコインが熱い事を紹介しましたが、今回はたくさんの種類のアルトコインを購入することができる取引所「Poloniex」でマイナーなアルトコインをいくつか購入してみました!

今回購入したアルトコイン

まだ価値の低いアルトコインをPoloniexでいくつか購入しましたので公開します。

今回購入したアルトコインの種類はこちら!

  • ・STEEM
  • ・Potcoin(POT)
  • ・FoldingCoin(FLDC)
  • ・Siacoin(SC)
  • ・Dogecoin(DOGE)
  • ・Digibyte(DGB)
  • ・Bytecoin(BCN)

0.2BTC(現在約6万円)を分散して上記のアルトコインを購入したのですが、今回購入したアルトコインにはある共通点を持たせました。

その共通点とは、まだまだ価値が低く、チャートを見ると数日前よりも価値が下がってきているということです。

産まれてきて少し成長してしまったひよこがリップル(XRP)やネム(XEM)だとしたら、今回のアルトコインは卵からヒナを孵す段階にあると言えるでしょう。

卵からヒナが産まれてくるかどうかはまだわかりませんが、もしもリップル、ネム並みに成長してくれれば家1軒建てることができるぐらいのお金持ちになれ、ビットコイン、イーサリアムぐらいまで価値が上がればひと財産築くことができてしまいます

実際にそのようなことが起きることはない、夢物語だろうと思うかもしれませんが、宝くじを買うよりも何十万倍、何百万倍もの確率で億万長者になることができるのが事実です。

実際にビットコインを初期の頃に数十万円、数百万円分だけでも購入していた人は、もれなく全員億万長者に成り上がっています。

暗号通貨の価値が上がる要因

暗号通貨には全て相場があり、価値は一定ではなく常に絶え間なく上がり下がりして変動しています。

それでは、ビットコインやアルトコインなどの暗号通貨の価値はどうやって上がったり下がったりするのでしょうか。

株を例に出して考えてみると、株価は会社のこれからの業績が上がるのか下がるのか、現在起こっていることやこれから起こる事を先読みしながら動きます。

他にも株価が変動する原因はたくさんあり、業務に直接は関係ないはずの為替レート、内需や外需、国内外の景気動向などが複雑に絡み合っています。

それではビットコインやアルトコインはどうなのかと言うと、実は至ってシンプル。

その暗号通貨を欲しいと思う人が増えれば価値は上がりますし、逆に誰も関心を示さなくなってくれば価値は下がっていきます。

何かモノが欲しいと思うには、そのモノの存在を認知する必要があります。

無いモノを欲しいと思うことはできないので、当然の事ですよね。

それでは、どうやってマイナーな暗号通貨を世間の人々に認知をしてもらうのかと言うと、一番手っ取り早いのはみんなが利用している取引所で取引ができる通貨として取り扱ってもらうことです。

知らない人が多いかもしれませんが、Poloniexは世界で1番有名な取引所です。

日本で有名な暗号通貨の取引所に、bitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)、Coincheck(コインチェック)がありますが、Poloniexはこれらの取引所とは比べ物にならない程大きい規模(取り扱っている通貨の種類、取引量、会員登録者数、世界での認知度)の取引所とされています。

ですから、今はまだまだ価値が低いアルトコインも、少しでも上がっていけばPoloniexを利用している数えきれない程の人々の目にとまり、ありえないぐらいの価値になっていくと思われます。

アルトコインの世界に少しでも興味を持った方は、ぜひPoloniexに登録をしてアルトコインの取引を始めてみてはいかがでしょうか。

私が購入したいくつかのアルトコインの価値の変動も、しばらくしたら皆さんに公開していきたいと思います。

Poloniexの登録方法

Poloniexの登録方法を紹介します。

Poloniexの登録自体簡単で、登録をしたらすぐに取引を開始することもできます。