先日投資したHYIP案件、SportArb(スポートアーブ)で配当金が毎日発生しています。

今回は、SportArbで出金する方法を解説しようと思います。

SportArbの配当金を確認


それではまず最初に、出金画面を開いて配当金がどれほどあるか確認してみましょう。

SportArbにログインしたら、画面上にある「Finance」タブを開いて「Withdraw Funds」をクリック。

出金管理画面になるので、「You have」の右に表示されている数字が、出金できる配当金(単位はbitcoin)です。

配当金の出金申請手順


それでは実際に配当金を出金していきましょう。

先ほどの出金管理画面に出金に必要な情報を入力します。

出金先情報を入力

Payment Systemには「Bitcoin」にチェックを入れて、Payeeには「送金先アドレス」を入力します。

送金先アドレスは、ビットコインを管理しているウォレットからコピーして貼り付けましょう。

筆者はビットコインを管理するウォレットに「Copay(コペイ)」を使っていて、Copayの場合「受取」画面を表示すると送金先アドレスのURLが表示されます。

出金額を入力

次は出金額を入力します。

Amountに出金額を入力するのですが、先ほど説明した通りYou haveに表示されている数字が出金できる配当金なので、You haveを参考に出金額を決めて入力してください。

入力情報を確認

出金申請をする際に本当に気を付けて欲しいのが入力情報のミスです。

出金情報を入力した後は、どこか間違えて入力していないか必ず確認するようにしてください。

例えば、送金先アドレスを間違えて入力して出金をしてしまうと、他の人のウォレットに間違えて送金をしてしまい戻ってくることは絶対にありません

出金額が少なければまだダメージは少ないですが、一度にたくさんのビットコインを送金する時は特に気を付けてください。

入力情報の確認ができたら、「Request」を押して出金申請を完了させましょう!

出金後の確認


出金をした後は、本当に出金できてウォレットに着金しているか確認をしましょう。

出金画面の下の方に「My Requests」とあるのですが、そちらでは過去の出金履歴を見ることができます。

My Requestsの最近の出金履歴を見て、自分が出金した金額と同じ数字が表示されていれば、SportArbからは無事に出金申請ができているはずです。

出金申請をしたばかりだとStatusが「Pending」になっていて、承認待ちの申請が承認されるとStatusが「Paid」に変わります。

Painding=出金承認待ち Paid=出金済み

SportArbの出金システムは即時出金ではなく承認制なので、出金申請が承認されるまでに数時間かかります。

出金が承認(Paid)されたら、送金先のウォレットにちゃんと着金しているか見てみましょう。

SportArbを運営している会社は土日は営業していないので、土日に出金申請をした人は月曜日に着金があります。